|      

2006-04
 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -


うれしくねぇよぉコノヤロが~
HAL=チョッパー好き
AKI=奥さん
LULU=娘 (⑦.7)
LUW=息子(⑤.8)
CHIRU=娘 (①.1)
『うるる』ん?日記

『うるる』ん?日記過去Log







人気ブログランキングへ

みんなのプロフィールSP

長野県ランキングサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20060430233656
合併後の新市のマークの、
最終候補5点だそうです。
各戸に1票、与えられたのですが~
さて、どれになりますか‥
スポンサーサイト
TB_0 Comm_0
Radio 「分かった!犯人は獣医と知事だ!!」
HAL  「へっ…?いきなり何言ってんの。」
Radio 「・・・11時です。」
HAL  「くぅ~、FM長野めぇ」
TB_0 Comm_2
20060425212424
Σ( ̄〇 ̄;)
でも、軽なんですけど..

TB_0 Comm_3
20060425212138
満開まで‥もうちょっと...
TB_0 Comm_0
20060425204550
幸せを呼ぶ、四つ葉のクローバー...、

でも、虫に喰われてるってことは・・・?
TB_0 Comm_0
20060423160617
がんばるゾ!
  ・
  ・
  ・
大会運営
┐(´ー`;)┌
TB_0 Comm_0

[04
.22*] 口癖

誰しも、好きなフレーズってあると思います。
意識して使うことばもあれば、
知らず知らず、
無意識のうちに使ってることばもあるでしょう。
たまたま最近気になった
ある人の口癖。

 Mさん『えいやあで』やっちゃいましょう。
  >> 後は勢いでなんとか...という使い方。

 Mくん『ざっくり』作ってみます。
  >> まずはおおまかに...という使い方。

どちらもあまり聞き慣れないセリフだったので、
妙に耳に残ったのです。
ひそかに、
今度どこかで使ってみよー と思ってます。

多分、自分にもあるのでしょうが、
自分ではそれが何だか、
結構気がつかないものです...。
TB_0 Comm_2
久しぶりに顔を合わせた友人との会話。

一昨年・・・
 Aくん 「あれ?ちょっと太った?」 ・・・

去年・・・
 Bくん 「お前太ったな。」 ・・・

今年・・・
 Cくん 「お前、ヤバイんじゃないの?」 ・・・


かるく・・・いや、
激しく、ヤバイ...。
TB_0 Comm_2
・・・LULU、ねぇちゃん?!
▼ and more?
TB_0 Comm_0
“法隆寺の国宝・東大門に落書き”
だそうですね。
修学旅行の学生(?)でしょうか。
そんなアナタのことを、
果たして、
みんなは「大スき」なのか?
TB_0 Comm_0
20060419153011
そんなのアリ?!
思わず覗いてみると、
確かに暗くて底は見えない・・・

ついつい、
石を投げ込んでみたい衝動にかられました。
TB_0 Comm_0
Σ(☆o☆)エッ?
今ね、
LULUがハッキリそう言ったんです!
教えてもないのに、
寝言で・・・。
しかも誰ひとり、
証人はいません~(T▽T)

ホントだってば!
TB_0 Comm_0
20060418200913

お花見に行ってきました。
誰彼かまわず
「ばいばい」(^-^)//~
と手を振りまくったLULU。
郵便屋さんに風船もらっちゃいました。
もちろん
バイバイ(^O^)//~
オマケにおじぎも!
(注:腰といっしょに膝も曲げます~しゃがんだだけ??
ありがとーっ!

▼ and more?
TB_0 Comm_0
最近はすっかり足が遠くなってしまいましたが、
地元に帰ってきて間もなく入った、Mバドミントンクラブ。
そこで出会ったFさんは、
10歳くらい年上の、
何事にも前向きで、
何事も頂点を極めないと納得いかないというくらい、
とてもアグレッシブな、
まさに頼れるアニキという感じの人でした。
いつだったか宴会の二次会で、
Fさん「お前まだ彼女いないのか?」
HAL「えっ、あぁ、はい・・・」
Fさん「あのなぁ、うちのかあちゃんはな、
    俺にとって最高の女なんだよ。
    人間はさぁ、何もかもが合う人なんていやしないよ。
    必ず意見が違うところがあるもんだ。
    問題は、それが許せることかどうかなんだよ。
    それができないようなら
    どんないい女でも、結婚なんかするなよ。
    とにかくさ、
    もしそういう相手ができたら俺んトコへ連れて来いよ、
    お前に合う相手かどうか見極めてやるから!」
HAL「えぇ?そぅっすか、まぁそういう相手ができたら...」
と、まぁ、
お互いヘロヘロに酔っ払いながら、
そんな会話をしたことを覚えてます。

当時の「Mバド」では、
試合の打ち上げといっては毎月のように宴会をやって、
当然、4月には『お花見』をしました。
会場の公園まで一番近かったこともあり、
毎年HALは場所取係を仰せつかったものでした。
それがいつからか、
メンバーそれぞれ年齢的に
いろいろ忙しくなったり、
お互いの都合が合わなかったりで
お花見ができない年が続きました。
Fさんも自分で会社を興してレールに乗せようと懸命でした。
ちなみに会社の名は、
『Friend of justice』=正義の味方
 Fさん「どうだ、いい名前だろ?」
 HAL「らしいなあ・・・。」
やりたいことがあると、のめり込むタイプのFさん。
とても、バドミントンどころではありませんでした。


そんなある年の3月、部長から電話がきました、
「今年はお花見やろうや。」と。
「あいつ、来年は桜観れるか分からないから・・・」
その頃、Fさんは闘病中でした。癌でした。
でも、相変わらず信じられないくらい前向きでした。
 Fさん「今の俺の夢はさぁ、
     絶対克服して、治して、
     そしたら日本中を講演して回るんだよ。
     日本中のおんなじ病気の人たちに
     希望を与えるようにさ。」
タイミングよく、
ほぼ満開に咲き誇った4月の晴れた日曜日、
青空の下に、久々に仲間が集まりました。
幸い体調が安定していたFさんも。
少し肌寒い日でした。
いつもの大宴会とはちょっと違う、
とても穏やかな時間でした。
その日のスナップには、
やはりいつもよりちょっとおとなしい、
でも終始、やさしい笑顔を絶やさなかった、
Fさんと仲間が納まっています。
その後、
夏にはFさんが自分ですべてを手配して、
北海道へ家族水入らずの旅行をしたと聞きました。
思い出作りの旅だったのでしょう。
そう考えると、
そのときにはもう、
覚悟を決めていたのだろうと思います。
そして残念ながらその年の冬、
お世話になった看護師さんたちに
「ありがとう」と言いながら、
Fさんは帰らぬ人となりました。
シャトルが祭壇に飾られた、
辛いお葬式でした。


今でも悔やまれるのは、
Fさんが朝から一日かけて作るという、
こだわりの絶品カレーを
結局一度も食べられなかったこと。
入院中、
衰えていく姿を見たくなくて、
あまりお見舞いに行けなかったこと。
そして、
とうとう嫁さんを紹介できなかったこと。
亡くなったのは12月なのに、
なぜか桜の頃になると思い出します。
・・・ふと思いました。
もしかすると、
Fさんの人生が、
まるで桜の花のように咲き、
そして桜の花のように散った、
そんな生き方だったから、
知らず知らず、
桜の花にFさんの生き様を
重ねているかもしれません。
“さくら”は大好きです。
でもあれ以降、
あの桜の下に
仲間が集まったことはありません。


今年もそろそろ、
桜が見頃です。
今度の休み、
あのときのあの木の下に、
嫁さんと子供を連れて、
行ってこようかと思います。
TB_0 Comm_2
060415_mokuren_w.jpg


 逢いたくて 逢いたくて 
 この胸のささやきが
 あなたを探している
 あなたを呼んでいる

 いつまでもいつまでも 
 側にいると言ってた
 あなたは嘘つきだね 
 わたしを置き去りに

  いとしさの花篭
  抱えては 微笑んだ
  あなたを見つめてた
  遠い春の日々

  やさしさを紡いで
  織り上げた 恋の羽根
  緑の風が吹く
  丘によりそって

 やがて 時はゆき過ぎ
 幾度目かの春の日
 あなたは眠る様に
 空へと旅立った

 いつまでもいつまでも 
 側にいると言ってた
 あなたは嘘つきだね 
 わたしを置き去りに


  木蘭のつぼみが
  開くのを見るたびに
  あふれだす涙は
  夢のあとさきに

  あなたが 来たがってた
  この丘にひとりきり
  さよならと言いかけて
  何度も振り返る

 逢いたくて 逢いたくて 
 この胸のささやきが
 あなたを探している
 あなたを呼んでいる

 いつまでもいつまでも 
 側にいると言ってた
 あなたは嘘つきだね 
 わたしを置き去りに



最近CMでも使われてますね~
(ニッカ オールモルト)
  ~ねぇ、女房酔わせてどうするつもり?~ <<試写あり

・・・いつだったか、
車内でCDに合わせてデッカイ声で歌ってたら、
急に感極まってしまったことがあります。
現実にはあって欲しくないシチュエーションですが、
詞といい、メロディーラインといい
グッとくる歌です。

スタレビ・アコ-スティックVer, <<視聴あり
 2006/05/25 セルフカバー発売

佐藤竹善withコブクロ <<視聴あり
 SingLikeTalkingの佐藤竹善さんのカバーも大好きです!
TB_0 Comm_2


先週の木曽路の旅の戦利品。
『ご当地キティ』恐るべし...

@馬籠宿土産物店
 注:馬籠は、木曽路にありながら、
   昨年の越県合併により、
   現在実は、岐阜県中津川市馬籠。
TB_0 Comm_0
ワンワン大好きなLULU。
どうやら最近、
犬とそれ以外の動物との区別がつくようになってきた模様。
なにしろ4本足の動物見れば
LULU「ワンワン!」
挙句の果てに「LULU!」と呼ばれると
LULU「ワン!」
と答える始末。
おいおい、アンタがワンワンかい?!

そんなLULUがAKIの実家に
お泊りで遊びに行ってきました。
今までも、
大体月一ペースで行ってたんですが...
今回帰ってくるなり、
LULU「ナナ、ナナ!」
これまでしゃべっていたことばとは
明らかに違う類のコトバを覚えたーっと思ったら、
ナナ ”とは、
実家で飼っている犬の名前なのです。
結局、『ワンワン繋がり』だった、とさ。
こりゃ我が家で再び犬を飼うのも、
時間の問題かもしれませぬ...。
TB_0 Comm_0
先日、
ある会合が終わって9時過ぎ、
「ちょっと軽くいきましょう。」
と、誘われて近所の寿司屋へ。
「ぃやぁ~っ、回ってないのなんて久しぶりっすよぉ」
などと言いながら...。 

 子供のころからつい1・2年前まで、
 近所にもう一軒寿司屋があって、
 (=大将が亡くなって閉店しました TへT)
 そちらの方が近かったせいもあり
 こちら「大○」へは、この日が初めてでした。

Σ( ̄□ ̄;)ガーン!?
・・・値札もメニューもない!・・・
でも、誘ってくれたMさんは、
なんでもこちらの大将と歳も一緒だそうで
随分古くからのお馴染みさんの様子。
特にネタを注文するでもないが、
次々に肴が並んでいく。
そういうスタイルなのらしい。
これがなかなかいいお味で、
ついつい空の徳利も増えていく~
ちなみに、
“鯛をさっとあぶって、塩をふってレモンを垂らしたの・・・”
これが一番のヒットでした。
ウチでもできるか?
 >> AKIさん、よろしく!

で、“そろそろ締め”となったころ、
 Mさん 「大将、いつものヤツは?」
 HAL (出た!いつものヤツ。言ってみたいよなぁ、
      こういうとこで…)
 大将  「おぅ、実は今さぁ、かみさんが買いに走ってるから。
      Mさん来たからってんで慌てて行かしたんだよ、
      もうちょう待って!」
 HAL (この時間に買いに行くっていったい・・・?)
 Mさん 「やっぱり、ここへ来たらアレを食わないと。」
 HAL (なになに?ワクワク・・・)
       ・
       ・
       ・
そして、
 大将  「はい、お待ちっ!」
目の前に出てきた軍艦!
その上には、うずらの卵がふたぁ~つ ( ̄□||||!!
なぜって... 
私、納豆・生卵・山芋・オクラetc,
糸引き系は一切\(×_×)/なんです!
しかし、さっきからの成り行き・・・
わざわざ買いに行ってきてくれた~
を考えると、食べれないとも言えず...
酔いに任せて勢いで、
パクっ。
?・・・あれ?
結構いけるジャン!?
思ったほど糸も引かず、
ガリをひとつまみ一緒に食べると更にGood!
これはちょっとばかり、目からウロコでした。

でもなぁ、
思いのほか酔っ払ってたからな・・・
シラフで食べたらどぉなんだろ...
 >> AKIさん、家では作らなくてよいからね
TB_0 Comm_2
20060408191509
こ~んなとこに来てます。
TB_0 Comm_5
20060407015711
本日は名古屋出張。
その道すがら出会ったさくらです。

TB_0 Comm_1
blog開始以来、
ほぼ毎月変えていたテンプレ。
今のに変えて評判がよかったこともあり、
当面これで固定しようと決めました。
別に手抜きというワケじゃないですよ。
そのかわり、
壁紙でもいじろうかと思います。
TB_0 Comm_3
   

Material... w*c [蝶]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。